化膿性皮膚炎 おでき・はれもの

おできやはれものなどの化膿性皮膚炎は、殺菌消毒薬をしようしても効果はありません。 化膿の原因は、傷口にブドウ球菌や連鎖球菌です これらの菌には、サルファ剤や抗生物質が有効です また、化膿した患部にかゆみや腫れなどの炎症がある場合は、抗菌作用の薬剤以外にも、抗炎症作用がある薬剤が配合されたものを使用します ○サルファ剤 スルフィソミジン、スルファジアジンなど ○抗生物質 ペニシリン系、テトラサイクリン系、クラムフェニコール系があり、外用薬では、クロラムフェニコール、硫酸フラジオマイシン、パシトラシン、テトラサイクリンなどが使用されています ○抗アレルギー剤 グリチルリチン酸二カリウム、ジフェンヒドラミン ○副腎皮質ホルモン 酢酸ヒドロコルチゾン、プレドニゾロン 但し、水疱、帯状疱疹、水虫には使用できない ○薬を選ぶポイント ・外傷後の化膿やおできには、サルファ剤・抗生剤配合のもの ・化膿とかゆみ、腫れがある際は、抗炎症成分が配合されたもの ○抗生剤・サルファ剤 【第2類医薬品】ドルマイシン軟膏 12g価格:1,065円(2017/12/9 13:30時点)感想(0件) 【第2類医薬品】クロマイ-N軟膏(6g)【クロマイ】価格:768円(2017/12/9 13:34時点)感想(0件) ○抗生剤プラス抗炎症 【第2類医薬品】【送料無料】 クロマイP軟膏 6g 細菌感染を伴…

続きを読む

敏感肌の原因と季節で見る敏感肌原因

敏感肌は、近年増加傾向にあります。 生活環境の変化、ストレスなど、原因は様々です❗ 軽微な方から重症な方まで幅広い症状があります 但し、原因は、必ずあります 先ずは、原因について見ていきます。 ◯外的要因 1.環境の変化 大気汚染、花粉、紫外線、エアコン、季節の変化による肌の乾燥。 これにより表皮の皮脂膜、NMFや肌バリアのセラミド減少によるもの 対策 スキンケア用品をセラミド入り敏感肌、潤い、低刺激のものに変更する 外敵刺激(紫外線・花粉・大気汚染)から守る日焼け止めの使用 2.スキンケア 過剰な洗顔は必要な油分を奪い肌を砂漠化させる また、洗顔時の擦りすぎ、化粧水をつける際のコットンの摩擦 対策 洗顔は1日2回まで。低刺激性の洗顔に変更 ◯内的要因 1.生活のリズムの乱れ 寝不足、睡眠不足により肌が受けたダメージの修復が遅れ、肌が荒れる 生活環境の変化や食生活の変化による肌荒れ 対策 睡眠環境、睡眠の質を良くする 腸内環境を整える 2.腸内環境の変化 便秘などで腸内バランスが崩れる事で、免疫機能が低下。肌のバリア機能も低下し、肌荒れとなる 3.加齢 加齢とともにセラミドが減少しバリア機能も低下 表皮のターンオーバーの乱れ 4.体質、遺伝、ストレス 遺伝的なア…

続きを読む

2018年11月29日のつぶやき

shown80912129 / shownブログ更新しました。 #インフルエンザ流行#パンデミック at 11/29 14:40 shown80912129 / shownブログ更新しました。 #思春期ニキビ、大人ニキビ#ニキビの原因と薬 at 11/29 14:37 shown80912129 / shownブログ更新しました。 #皮膚炎#かぶれ#湿疹 at 11/29 14:35 shown80912129 / shownブログ更新しました。 #敏感肌#原因と対策 at 11/29 14:34 shown80912129 / shownブログ更新しました。 #美白美肌美人 at 11/29 14:31 shown80912129 / shownブログ更新しました。 #人生の幸せ#成功とは? at 11/29 14:24 shown80912129 / shownブログ更新しました。 #インフルエンザ#新型インフルエンザ at 11/29 14:20 shown80912129 / shownブログ更新しました。 #高校サッカー#高校受験と推薦入試 at 11/29 14:16 shown80912129 / shownブログ更新しました。 #職人#バック at 11/29 14:13 shown80912129 / shownブログ更新しました。 #離婚#貴乃花#景子婦人 at …

続きを読む

美白・しみ・そばかすが気になる方へ。今の時期だからケアしておきましょう

今、肌悩みはありますか? 夏のダメージを受けたお肌 大人のにきびを繰り返す方 ミルセリンホワイトNKBは、しみやそばかす、大人のにきびに のんで効く第3類医薬品です。 ビタミンC1,000mgに加えて有効成分L-システインを最大量配合 肌に沈着した黒色メラニンを無色化します。 さらにお肌の新陳代謝(ターンオーバー)を進め メラニンの排出を促進するビタミンB2、ビタミンEもあわせて配合。 服用しやすい小粒のフィルムコーティング錠です。 発表。○○○○ー○ブランドから、ついに、しみ・そばかす対策、はじまります。 どこかでこのあたりのフレーズを聞いたことありませんか? テレビコマーシャルなどでみた方も多いと思いますが 大手製薬企業から出ているしみ、そばかすの医薬品があります。 ビタミンC1,000mg、L-システイン240mg配合は しみやそばかすの医薬品で最高配合量です。 これは、テレビコマーシャルをしている医薬品と同じものです。 同じものがお得に買えます。 それは製造元だからです。 その他、インターネットやラジオ広告などで有名な商品など いくつか出ている、しみやそばかすの医薬品よりも 成分的な量も、製品としての質も十二分のよいものです。 医療用医薬品開発企業のグループ会社である京都薬品ヘルスケアは、 医薬品のほか、モデル梨花さんがお気に入りとして紹介し…

続きを読む

頭が痛い・熱がある・体に痛みがある時は、どう治療する?

生活をしていく上で、頭が痛い・熱が出た・体が痛いという症状は、良く起きます。 これは、一言でいえば、人間にとって必要不可欠な防御反応です。 怪我をしたり、刺激を受けると、「痛い」という間隔が脳に伝わり、体の組織が損傷されたを認識します。そして、体の異常を知った事で安静を保つようになり、治癒が促されます。 損傷を受けている所で、炎症を起こし、痛みを発生さえる物質が産生され、脳に達し認識されます また、熱が上がる際は、体内の免疫細胞が病原菌と戦っている証拠であり、体温が上がり始める事で、免疫細胞が活性化し、病原菌を攻撃して弱体化させます ○治療は? 発熱の際は、38℃後半以上、子どもは、38℃以上の熱が24時間以上続く際に薬を投与しましょう。 軽めの発熱での薬の多用は、免疫細胞の働きを弱めてしまいます 炎症や痛み、熱を引き起こす原因物質を抑える、解熱鎮痛薬を使用します ○解熱鎮痛薬の種類と特徴 解熱鎮痛薬には、非ステロイド性抗炎鎮痛薬、ピリン系解熱鎮痛薬、非ピリン系解熱鎮痛薬があります ・非ステロイド性抗炎鎮痛薬 痛み・炎症・熱を引き起こす原因物質の産生を抑え、抗炎症、鎮痛、解熱に効きます 代表的な商品 ・ロキソニン 第1類医薬品。薬剤師の指導のもとでしか購入できないが、効き目は、市販薬では最高クラス 【第1類医薬品】ロキソニンS 12錠(セルフメディケーション税制対象)【イチオシ】★要メール確認 薬剤師か…

続きを読む

かゆみの原因と対策。何故、かゆくなる?

体の痒みには、様々な原因があり、原因に合わせた薬を選ぶのが必要です 乾燥から虫さされ、内臓の病気まで幅広くあります 先ずは、原因を把握しましょう ○かゆみが起る原因は? ・寒さや冷たさ ・こするなどの刺激 ・温熱刺激 ・ダニなどのハウスダスト ・ストレス、悩み ・食べ物アレルギー ・洗剤などの刺激 ・運動、摩擦 ・皮膚病などの病気 簡単に見てもこれだけの原因があります こういった原因から、かゆみに発展する経緯を見ていきます ○かゆみが起る流れ ①皮膚の表皮にある末梢神経が何らかの刺激を受け、痛覚の伝達物質を放出します。これが、皮膚の真皮にある肥満細胞を刺激し、かゆみを起こすヒスタミンを放出します。 ②一方で、痛覚の伝達物質は、血管を拡張させる為、かゆみと同時に皮膚が赤くなります。 ③このかゆみが起った際、その部分を掻いてしまうとその刺激から更にヒスタミンなどの物質が放出され、かゆみが増幅します ④同時に、掻き壊された皮膚は、バリアが弱くなり、細菌が侵入しやすくなります。 ⑤侵入した細菌を排除しようと皮膚内部のリンパ球が活性化し、炎症を起こします ⑥かゆみと同時に細菌感染が起る事により、炎症が現れ、皮膚炎となっていきます ⑦皮膚の乾燥もバリア不足となりかゆみを増幅させる原因になります 因みに、皮膚のバリア機能で重要な皮脂膜は、皮脂と水分のバランスで成り立っており、水分が無くなり乾燥すると、バ…

続きを読む

食生活を変えるのが面倒だが、取り敢えず健康の為に何か始めよう

健康診断の時期、毎年、「健康の為に何かしないと」と思いますが、何を始めて良いのか分からない方も多いのではないでしょうか。 ・何か始めたいけど、何をしたらよいか分からない ・自分に合っているのは何か ・好きな物を食べたい ・食生活を改善する事が難しい ・便秘・下痢など腸が弱い ・毎日、野菜を350mg取っていない こういった方は、取り敢えず、青汁を飲みましょう。 青汁は、意外と使えるやつです。 青汁の力に付いて、簡単に説明します ○青汁の効果 多くの方が、美容や健康の為に飲んでいます 1.アンチエイジング 2.免疫力・体力 3.血液 4.腸内環境 簡単に言ってもこれだけの効果が期待されます 1.アンチエイジング アンチエイジングには、コラーゲンが欠かせませんが、このコラーゲンの合成を助けるのが、ビタミンンCです。また、ビタミンCには、抗酸化作用、美白、免疫力向上、血管を強くする働きもあり、青汁には、ビタミンCが多く含まれます。 2.免疫力・体力 青汁には、食物繊維が多く含まれており、この食物繊維が、腸内環境を整えてくれます。腸は免疫力をつかさどる重要な臓器です。ここをきれいにしておく事で、免疫力が上がります。また、栄養の吸収も良くなり、肌荒れや疲れの改善にもつながります ビタミンB1も多く含まれ、ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変換する働きがあります 糖質をエネルギーに変換する事で、疲労物質が溜まりにくくな…

続きを読む

2018年11月25日のつぶやき

shown80912129 / shownブログ更新しました。 #頭が痛い at 11/25 08:21 shown80912129 / shownブログ更新しました。 #体の痒み at 11/25 08:20 shown80912129 / shownブログ更新しました。 #メタボ対策 at 11/25 08:19 shown80912129 / shownブログ更新しました。 #ロコモティブシンドローム at 11/25 08:18 shown80912129 / shownブログ更新しました。 #自己啓発 at 11/25 08:16 shown80912129 / shownブログ更新しました。 #セクハラ問題 at 11/25 08:15 shown80912129 / shownブログ更新しました。 #サヨナラモンスター at 11/25 08:14 shown80912129 / shownブログ更新しました。 #ブラック企業#パワハラ at 11/25 08:12

続きを読む