痔の薬。寒くなると悪化する痔。日本人に多い病気です

痔は、日本人に多い病気の第2位です。 なんと、驚きの結果です 場所が場所だけに、中々病院に行けず、症状が悪化します 先ずは、痔にならないように食物繊維が豊富な食べ物をとり、 便意を我慢せず、腹圧をかけないで排便する事が大事です。 ○痔の種類 ・イボ痔(内痔核・外痔核):肛門周辺にこぶ状の静脈痛ができる ・切れ痔(裂肛):硬い便が通る時に切れて傷が出来る ・痔ろう:肛門の周囲が化膿して膿が出る管が出来てしまう ○特徴 ・イボ痔 内痔核:痛みは無く、排便時に出血する事もある。痔核が肛門から飛び出る事もある 外痔核:強い痛みがあり肛門に血豆の様なものが出来る。 ・裂肛(切れ痔):排便時に強い痛み。出血する。便秘の方に多い ・痔ろう:膿が出て下着が汚れる。手術が必要。激し痛み ○痔別薬剤 ・イボ痔には、抗炎症剤や抗菌剤の座薬を使用。腫れや痛みの時は、軟膏や注入軟膏が有効 ・切れ痔には、軟膏で痛みを和らげる。座薬で炎症を抑えるのが有効 ○正しい使い方 軟膏は、患部を清潔にして、塗り込む…

続きを読む

寒いですね。体を痛めやすいので気を付けて!血流改善で予防。

寒いですね‼️ 今後も更に、寒くなります❗ こう言った時期は、体を痛めやすくなります。 寒いと体を縮め込みます。 また、筋肉も硬くなります。 寒いところに長時間いるだけで、体のあちらこちらがこるのは、 無意識のうちに体に力をいれているからです。 そんな状態の時に、急に体を動かすと、筋を痛めたり、筋肉を痛めたりします。 寒いときには、十分な準備運動をして、体をほぐして動き出しましょう❗ 筋肉が凝り固まっていると、血流も悪くなります。 手足の冷え、肩こり、腰痛、頭痛等の症状に繋がります。 肩こり、腰痛には、湿布薬。血流改善には、ビタミンEがお勧めです❗ 特に、ビタミンEは、手足の冷え、肩こり、腰痛の血流改善だけではなく、 アンチエイジング、抗酸化作用もあり、メタボの予防にもなります。 血液をサラサラにすることで、梗塞などの予防にも繋がります❗ 血流が気になるかたは、是非、お試しください❗ また、…

続きを読む

薬を使わない風邪の治し方。鼻、のど、咳、寒気

風邪の薬を使わない治し方を紹介します❗ 薬を使わないって、薬屋さんの敵ですよね(^_^) ◯鼻風邪 1.鼻風邪に対しては、蒸しタオルを鼻に当てる。 鼻に当てることで、鼻の血管を拡張します❗すると、鼻の通りは良くなります❗ 2.レンコン汁を鼻に塗る 鼻に塗ることで、アレルギー反応を防げます❗ 3.足湯 足湯は、時間はかかりますが、血液を温めます❗ 血液を温める事で、体温が上がり、血管が拡張します❗ 拡張することで、鼻水を止めます ◯咳、喉の痛み 1.ミカンを食べる‼️特に、白い筋。 ミカンの白い筋には、ヘスピジンと言う抗炎症成分が含まれています❗ この成分が、喉の炎症を押さえてくれます。 ミカン2個ぐらいが良いです❗食べ過ぎに注意。 2.ハチミツ 夜、咳が出る方は、ハチミツを飲んで下さい❗ 小さじスプーンの半分ぐらいが適量です❗ 3.マスクをする マスクをして寝ることで、口腔ないの湿度が保てます❗ …

続きを読む

咳だけが止まらない、治らない時は?

風邪引いた後の咳だけが取れない、最近咳が出ている、 1度咳が出たら止まらないなど咳が止まらない事はありませんか? 咳は、自分が苦しいだけではなく、周りにも迷惑をかけてしまいます。 基本的な咳の働きとしては、体内の異物を排除する大切な働きです。 風邪の様な急性で痰を伴う湿性の咳には、去痰剤を使用します。 鎮咳剤を使用する時は、たんを伴わない乾性の咳です。 咳に関しては、様々な原因があり、一概に特定するのが難しい所がありますので、 市販薬を服用しても3週間以上治らない場合は、1度受診した方が良いでしょう。 大きな病気が隠れている場合があります ○咳の原因 1.風邪による咳 大体、数日間で治まります。 熱や鼻水が無い場合は、総合風邪薬よりも、去痰剤の薬を選んだ方が良いです。 他の症状があるのであれば、総合風邪薬を選びましょう 2.アレルギー性の咳 花粉の時期やのどが少しかゆい様な症状がある場合は、可能性が高いです。 抗ヒスタミンが入った咳止めが効果的です …

続きを読む

咳の種類。特に危険な咳、ベスト3。2週間続いたら危険?

寒くなると咳が止まらない人が増えてきます❗ 咳の原因は、100種類以上あるので、 根本的な原因を見つけるのは、困難と言われています。 ただ、そうはいっても、咳が、続くと苦しいものです❗ 咳が続けば、命の危険も出てきます。 そこで、危険な咳の見分け方を発表します‼️ ◯危険な咳 危険な咳の特徴として、2週間以上続いたら危険の兆候です。 風邪から来る咳なら、2週間ぐらいで治ります。 つまり、2週間以上続くのなら、風邪以外の原因が考えられます。 そこで、危険な咳ベスト3です 1.暖かい部屋から寒い外に出たときに、咳が出る。 喘息の危険性があります。寒暖差アレルギーの可能性もあります。 ただ、放置すると、そのまま、大人ぜんそくを発症します。 現在、大人になって、喘息になる方が、急増しています‼️ 2.夜、布団に入ると咳が止まらなくなる しかも、激しい咳が出る❗ 逆流性食道炎の可能性があります。 胃酸が逆流することで、食道が炎症を起こし、咳が出るように…

続きを読む

鼻水・くしゃみ・鼻づまりの方へ

鼻水・くしゃみ・鼻づまりの症状が強い時は、鼻炎薬を選びます 鼻の炎症は、ヒスタミンという物質が体内で遊離して起こるので、 それを抑えるために、抗ヒスタミン剤が使われます 鼻炎の治療には、アレルギー性鼻炎にも効果がある薬剤も配合されているので、花粉症にも効果があります ○抗ヒスタミンの副作用 眠気・のどの渇き、尿が出にくくなる副作用があります。 特に運転や高所での作業、危険を伴う仕事の時は服用を避けます 抗ヒスタミン剤を含まない薬を選びましょう ○くしゃみ・鼻水 抗ヒスタミン剤が入っている薬が良いでしょう 抗ヒスタミン:マレイン酸クロルフェニラミン、カルビノキサミン、塩酸ジフェニルピラミンなど 特に、カルビノキサミンは、抗ヒスタミン作用が強いので、アレルギー性鼻炎やくしゃみ、鼻水に有効です ○鼻づまり 消炎効果を上げて粘膜液を分解して鼻の通りを良くしますものと血管収縮剤により、 鼻の粘膜の炎症や腫れを取り除き、鼻の通りをよくするものがあります ○鼻炎薬 …

続きを読む

咳が止まらない、痰が切れない時

咳止め、痰をとる薬を「鎮咳去痰剤」と言います 鎮咳薬は、延髄にある咳中枢を鎮め、せき反射経路を抑え、気管支筋のけいれんを和らげる事で咳を鎮めます 去痰薬は、気道内の分泌物を増やし、痰を薄めて体外に排出します ○激しい咳 咳止めの成分:リン酸ジヒドロコデイン、臭化水素酸デキストロメトルファン、塩酸クロペラスチン、ヒベンズ酸チペピジンなどがあります リン酸ジヒドロコデインは、延髄の咳中枢を抑制し咳を抑えます エフェドリンやグアイフェネシンは、咳止めと共に痰を取り去る働きもします 但し、ジヒドロコデインやエフェドリンは、便秘になる副作用もあります ○痰のみ 咳は出ないが、痰が詰まった感じがある。 いつも痰が絡む時は、去痰剤だけの薬を選びます 去痰成分:グアヤコールスルホンサン、ブロムヘキシン、カルボシステインなどがあります その他、キキョウやセネガ、トコンなどサポニンを含んだものも使用されます サポニンは、気管支粘膜の分泌を良くする成分です ※アレルギー性の咳 アレルギー性の咳とは、アレルギーの症状により、気管支が炎症を起こして出る咳です 気…

続きを読む

長引く咳。咳だけが治らない。今に時期の咳は、「寒暖差せき」かも。寒暖差せきの特徴と対策。

今の時期、気温差が激しい時期になってきました。 最高気温と最低気温の差が、6~10℃など、朝晩の冷え込みと、日中の暖かさ。 体調を崩しやすい時期です こんなときに、流行るのが、「寒暖差せき」。 ・咳だけが中々治らない。 ・1週間以上、咳が止まらない ・1度で始めたら、激しく咳が出る こんなこと有りませんか? 風邪ならば、1週間もすれば治ります。 しかし、寒暖差せきであれば、喘息の様な咳が、もっと続きます 寒暖差せきは、アレルギーの1種ですね。 〇寒暖差せきの原因 寒暖差せきにかかる原因として、 ①寒暖差により気管支に刺激が起る        ↓ ②気管支の粘膜が炎症を起こし、収縮する        ↓ ③収縮した気管支は、過敏になり発作(咳)が起る こういった流れですね では、どういった方が掛かるのでしょうか? かかりやすい方の特徴として、 ①花粉症の方(アレルギー体質) ・免疫力が低い、免疫細胞が過剰反応しているなど、免疫力を正常化する事が必要です …

続きを読む

小児用風邪薬。いつ来るか分からない、先ずは、備えておきましょう❗

子供の風邪は急に来ます❗ 流行り始めたら早いですよね 幼稚園・保育園・学校などあらゆる所からもらってきます 集団で行動するような場所に居がちな子供には、仕方のない事ですね いつきてもいいように、準備が必要です❗ ◯総合風邪薬 シロップタイプ ▼月末クーポン配布中!▼【第(2)類医薬品】【ゆうメール便!送料80円】ムヒのこどもかぜシロップ ピーチ味 120ml 【池田模範堂】(小児用 風邪薬 液体 感冒薬 子供)価格:629円(2017/11/30 14:22時点)感想(0件) ◯総合風邪薬 顆粒 【第(2)類医薬品】ムヒのこどもかぜ顆粒(イチゴ味) 12包【4987426001940】価格:648円(2017/11/30 14:24時点)感想(0件) 【第(2)類医薬品】【楽天ポイント6倍相当 12月1日まで】【追跡メール便にて送料無料でお届け】佐藤製薬株式会社 ストナメルティ小児用 12錠 <発熱・鼻水・のどの痛み・咳に効くかぜ薬>(この商品はキャンセルができません)【楽天SPU対象店】価格:740円(2017/11/30 14:26時点)感想(0件) …

続きを読む

解熱・鎮痛剤・痛みどめ 第1類医薬品のロキソニン ・小児は何を飲んだらよい?

鎮痛薬は、頭痛・歯痛・神経痛・生理痛・腰痛・筋肉痛・肩こり・打撲・骨折など痛みは色々あります。 痛みの原因もウイルスの侵入による炎症、惰毒、切り傷などですが、痛みの原因を無くす事で、痛みは無くなります。 しかし、我慢できないときや痛みを早く取り除きたい時に、鎮痛剤を使用します 但し、鎮痛剤はあくまでも1次的なものなので、原因の根治が必要です ○痛みの正体 痛みは、体の危険信号です 皮膚や筋肉に炎症が生じると、末端神経から信号が送られ、痛みを感じさせます 痛みを感じさせる事で、注意をそこへ向けさせます。人間の体は、よく出来ています 鎮痛薬は、この神経回路をブロックする働きです。 脳に痛みが伝わらないので、痛みが無くなるわけですね ○頭痛の原因 ・突然の激し痛みは、くも膜下出血や脳出血、脳梗塞などが考えられますので直ぐに脳神経外科へ ・偏頭痛、緊張性頭痛は、繰り返します。痛みが増すようなら神経内科へ ・群発性頭痛は、1年に1回ぐらい、片方の目の奥に激痛が走る様な痛みで、1~2時間ぐらい続きます  比較的男性に多い症状です …

続きを読む