咳だけが止まらない、治らない時は?

風邪引いた後の咳だけが取れない、最近咳が出ている、1度咳が出たら止まらないなど咳が止まらない事はありませんか? 咳は、自分が苦しいだけではなく、周りにも迷惑をかけてしまいます。 基本的な咳の働きとしては、体内の異物を排除する大切な働きです。 風邪の様な急性で痰を伴う湿性の咳には、去痰剤を使用します。 鎮咳剤を使用する時は、たんを伴わない乾性の咳です。 咳に関しては、様々な原因があり、一概に特定するのが難しい所がありますので、市販薬を服用しても3週間以上治らない場合は、1度受診した方が良いでしょう。 大きな病気が隠れている場合があります ○咳の原因 1.風邪による咳 大体、数日間で治まります。熱や鼻水が無い場合は、総合風邪薬よりも、去痰剤の薬を選んだ方が良いです。 他の症状があるのであれば、総合風邪薬を選びましょう 2.アレルギー性の咳 花粉の時期やのどが少しかゆい様な症状がある場合は、可能性が高いです。抗ヒスタミンが入った咳止めが効果的です 3.気管支ぜんそく、気管支炎 ウイルスや細菌による呼吸器感染症の1つ。気管支粘膜に炎症が波及し、咳や痰を伴う。気管支喘息では、去痰剤の薬、気管支拡張作用のある末梢性鎮咳剤、マイコプラズマなどの細菌性ならば、病院で抗生物質の治療となる ○3週間以上続く咳 基本的に、受診した方が良いでしょう 1.咳喘息:呼吸音や呼吸困難は無く、空咳だけが続く 2.喘…

続きを読む

咳が止まらない、痰が切れない時

咳止め、痰をとる薬を「鎮咳去痰剤」と言います 鎮咳薬は、延髄にある咳中枢を鎮め、せき反射経路を抑え、気管支筋のけいれんを和らげる事で咳を鎮めます 去痰薬は、気道内の分泌物を増やし、痰を薄めて体外に排出します ○激しい咳 咳止めの成分:リン酸ジヒドロコデイン、臭化水素酸デキストロメトルファン、塩酸クロペラスチン、ヒベンズ酸チペピジンなどがあります リン酸ジヒドロコデインは、延髄の咳中枢を抑制し咳を抑えます エフェドリンやグアイフェネシンは、咳止めと共に痰を取り去る働きもします 但し、ジヒドロコデインやエフェドリンは、便秘になる副作用もあります ○痰のみ 咳は出ないが、痰が詰まった感じがある。いつも痰が絡む時は、去痰剤だけの薬を選びます 去痰成分:グアヤコールスルホンサン、ブロムヘキシン、カルボシステインなどがあります その他、キキョウやセネガ、トコンなどサポニンを含んだものも使用されます サポニンは、気管支粘膜の分泌を良くする成分です ※アレルギー性の咳 アレルギー性の咳とは、アレルギーの症状により、気管支が炎症を起こして出る咳です 気管支喘息や喘息性気管支炎など こういった際は、抗アレルギー剤のマレイン酸クロルフェニラミン、マレイン酸カルビノキサミン、気管支拡張のジプロフィリンが配合されたものを選びます。 ジプロフィリンは、副作用が少なく、治療に使わていた成分です ○咳止め 【第(2)類医薬品…

続きを読む