ノロウイルス

11~3月にかけて流行するのが、ノロウイルス。 感染した事はありますか? 感染性胃腸炎の1つですが、感染すると嘔吐、下痢、腹痛、微熱、頭痛などの症状が出ます。 かなり、キツイです。 トイレと友達になるぐらい、中々出れません。 嘔吐・下痢は、大体2~3日で回復に回復に向かいますが、ウイルス自体は体の中にいる為、周りへの感染、集団感染の原因となります。 ○感染ルート 感染ルートとして 1.ノロウイルスに感染した二枚貝などを食べる 2.感染している方が作った物を食べる 3.感染者の吐瀉物からのウイルスを取り込む などが、あります ・ノロウイルスは、人から人への感染力が強力で、ほんの少しのウイルスでも感染します ・ノロウイルスは、一カ月以上も感染力を持ち続けます ○対処方法 ノロウイルスには、ウイルスのワクチンや治療薬もありません。 病院でも水分補給と整腸剤のみ。 予防するしかありません ・食品は90℃で中心部まで90秒以上加熱 ・マスク、手洗い、空間除菌 ・塩素系の消毒剤、酸性アルコールで除菌(通常のアルコールは無効) ・免疫力を高める こういった事にならない様に、普段からの免疫力を上げておく事が大事ですね 普段の免疫力を上げる、また、ノロウイルス対策には、こちらのラクトフェリンが効果的です ウイルスとラクトフェリン・乳酸菌。免疫機能アップでウイルスから守る 励ましをお願いし…

続きを読む

下痢止め 急性と慢性

下痢には、急性と慢性の下痢があります ○急性の下痢。水分が急激に排出されます。 食あたりや毒物などの体に悪いものを食べた時に、それらを吸収しないように急いで体外に排出しようと、腸の蠕動運動で、体を守る働きです 無理に下痢を止めないで悪いものを全部体外に排出させます 水分を十分にとり、1~3日は食事を控えて安静にする事が大事です ○慢性の下痢。ガンや潰瘍などの腸の病気や寄生虫、ストレスなどにより、腸の運動が異常になっています。 下痢を起こす原因を治さないと下痢は治りません いずれにしても、下痢の場合は、安静にして医師の診察を受けます 特に、急性の下痢で嘔吐や発熱、腹痛や血便がある時は、直ぐに医師に診てもらいましょう ○クスリ選びのポイント ・食あたりの下痢には、腸内殺菌剤が配合されたもの ・食あたりには、腸内乳酸菌が配合されたもの ・下痢を起こしやすい人は、乳酸菌を配合されたもの ・ストレスなど神経性の下痢には、ロートエキス配合のもの ・整腸剤を同時服用し、腸内環境を整える ○急性の下痢止め 食あたり 【第2類医薬品】《大幸薬品》正露丸 100粒 (下痢止め)価格:695円(2017/12/7 15:04時点)感想(0件) ○ストレスからくる下痢 【第2類医薬品】ストッパ 下痢止めEX 24錠価格:1,108円(2017/12/7 15:08時点)感想(0件) 【第(2)類医薬品】…

続きを読む