ロコモに気を付けて!寝たきりのリスク拡大します!!

○ロコモを知っていますか? ロコモとは、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)の略で、骨や関節、筋肉などの運動器の衰えが原因で、歩行や立ち座りなどの日常生活に障害をきたしている事をいいます これが、進行していくと要介護や寝たきりになるリスクが高まります。 因みに、何が怖いかというと、「寝たきり」になる事です。 その後に潜む、「痴呆」「認知症」を発症しやすくなります これを回避する為にも、日頃からの適度な運動と栄養バランスのとれた食事、サプリメントを活用し、ロコモ予防を行いましょう ○予防に必要な事 予防には、「骨」「関節」「筋肉」の維持が必要です。 ・骨密度がスカスカでは、骨を折り易くなります。ただ、転んだだけでも骨折の危険性があり、下半身の骨折などは、寝たきり状態に直結します。寝たきり状態は、認知症の発症率を高めます。 50歳を過ぎると骨量は急激に落ちてきます。 骨を丈夫にする事が大事です。 ・関節が痛いと動く気力を失います。動かなければ、筋肉量は減少し、更に動けなくなってきます。動かずに家の中ばかりにいる事は、認知症の発症を高めます ・筋肉量が落ちてくると、怪我をしやすくなり、骨折の危険性も出てきます。足が上がらずつまづき易いなどは、前兆です。筋肉は、何歳からでも付ける事が出来ます …

続きを読む

たけしの家庭の医学 全身の老化を止める、認知症対策、つまずき、転倒防止❗

◯全身の老化防止 全身の老化を止めるには、AIMが増えると良いようです❗ AIMを増やすには、青魚とビタミンCを毎日、摂取❗ 1週間でこうが出たようです❗ 老化と病気予防ですね 青魚代わりには、こちら。 あれ?うっかり…が増えてきた方に朗報です!考えるチカラをサポート!おめがさん ビタミンCは、医薬品で確実に摂取! ◯認知症対策 認知症のサインとは? 人の名前を思い出せない じぶんが何するか忘れる 複数のことが同時にできない 新しい認知症のサインは、 食後の眠気。しかも、強い眠気❗ 食後、眠くなる方は、要注意です‼️ 食後の低血圧❗20以上、血圧が下がる人。 動脈硬化などで血圧をコントロール出来ないようですね❗ これが、悪影響のようです❗ 血圧が20を越えてくると眠くなるようですね❗ では、認知症との関係は? 食後低血圧は、食後、胃腸に血流が流れ、脳の血流がなくなる。 脳にアミロイドがたまり、認知症になりやすくなります❗ ◯対策 よく噛んで食べる。 1…

続きを読む

加齢による健康不安。筋肉の衰え、血管の衰え。日本人と魚パワー。

加齢による健康不安を抱えている方は多いのではないでしょうか? 筋肉量低下による足腰の弱り、心疾患や血栓による血管病、また、認知症等 加齢による様々な病気に不安を抱えます そこで、今回は、健康不安を取り除く為の食材、魚の活躍についてです 日本人は、20年前と比較して、魚の摂取量は、20gも減っています。 食の欧米化が原因でしょうか? 魚より肉。 豊になって来た証拠ですかね。 ◯筋肉の衰え まずは、筋肉の衰えについて。 筋肉が衰えてくると、ロコモティブシンドロームの危険性が上がります❗ 筋肉、関節、骨が、しっかりしていないと、運動器の衰えていき、体全体も衰え始めます。 小さな段差につまづくことが増えるのは、運動器の能力が落ちてきているためです❗ また、骨も折りやすくなり、寝たきりの生活に近づきます❗ こう言った事にならないように、ロコモ対策は必要です。 ロコモの記事はこちら ロコモティブシンドロームとは? ロコモに気を付けて その一貫として、白身魚を摂取しましょう‼️ タイやヒラメ等です 白身魚は、タンパク質がとれ、筋肉作りには、必要不可欠です。 ◯血液、血管病 これには、赤身魚のマグロ、ぶり、カツオ等が良いです❗ 赤身魚には、EPAが、含まれており、動脈硬化、心筋梗塞の予防になりま…

続きを読む