疲れ。栄養剤・ビタミン剤

疲れた時には、栄養剤を取ります。 栄養剤には、ビタミンや生薬が配合されたものが多いですね。 ビタミンに付いてやドリンクは、こちらを参照ください ○ビタミンが不足すると? 簡単に説明します ビタミンA:夜盲症・眼球乾燥症・皮膚のサメ肌・免疫機能低下 ビタミンB1:だるい・食欲不振・胃腸障害・脚気・イライラ・心臓肥大 ビタミンB2:角膜炎・口角円・脂漏性皮膚炎 ビタミンB6:湿疹・皮膚炎・神経過敏症・不眠症 ニコチン酸:だるい・食欲不振・唇の荒れ・胃腸障害 パントテン酸:疲労・胃腸障害・精神障害 ビオチン:疲労感・不眠・知覚異常・皮膚炎 葉酸:口内炎・胃腸障害・貧血 ビタミンB12:悪性貧血・食欲不振・消化不良・無気力・手足のしびれ・ボケ ビタミンC:壊血病、貧血・歯周病 ビタミンD:骨粗ソウ症、くる病、虫歯 ビタミンE:血液障害・筋肉の萎縮 ビタミンK:出血が止まらない・大腸炎・下痢・痔 ○こういう時にはこのビタミン ①ビタミンC ・ストレスに対する抵抗力を高めるのが、ビタミンCです。ビタミンCが豊富だと、副腎皮質ホルモンが作られ、ストレスに強くなります ・かぜのウィルスを破壊する免疫細胞を増やす働きがあります ・白内障を防ぐ。白内障は、水晶体がたんぱく質が酸化し白く濁る病気ですが、ビタミンCは、酸化を防ぐ ②ボケ予防 ビタミンE,B1,B6が効果的です ビタミンEは、抗酸化作用が脳の神経細胞の…

続きを読む