疲れ。栄養剤・ビタミン剤

疲れた時には、栄養剤を取ります。 栄養剤には、ビタミンや生薬が配合されたものが多いですね。 ビタミンに付いてやドリンクは、こちらを参照ください ○ビタミンが不足すると? 簡単に説明します ビタミンA:夜盲症・眼球乾燥症・皮膚のサメ肌・免疫機能低下 ビタミンB1:だるい・食欲不振・胃腸障害・脚気・イライラ・心臓肥大 ビタミンB2:角膜炎・口角円・脂漏性皮膚炎 ビタミンB6:湿疹・皮膚炎・神経過敏症・不眠症 ニコチン酸:だるい・食欲不振・唇の荒れ・胃腸障害 パントテン酸:疲労・胃腸障害・精神障害 ビオチン:疲労感・不眠・知覚異常・皮膚炎 葉酸:口内炎・胃腸障害・貧血 ビタミンB12:悪性貧血・食欲不振・消化不良・無気力・手足のしびれ・ボケ ビタミンC:壊血病、貧血・歯周病 ビタミンD:骨粗ソウ症、くる病、虫歯 ビタミンE:血液障害・筋肉の萎縮 ビタミンK:出血が止まらない・大腸炎・下痢・痔 ○こういう時にはこのビタミン ①ビタミンC ・ストレスに対する抵抗力を高めるのが、ビタミンCです。ビタミンCが豊富だと、副腎皮質ホルモンが作られ、ストレスに強くなります…

続きを読む

元気のカプセル❗秋バテと自律神経❗疲れの原因は⁉️

今年は猛暑でしたが、こんなときに起こりやすいのが、秋バテです。 秋バテの犯人は、自律神経の乱れですが、乱す原因として、 深部体温が、体温を保てないと乱れやすくなります❗ また、エアコンのつけっぱなしも、自律神経を乱す要因になります。 予防するには、適度な運動を行うことご大事です‼️ 汗をかくことで、自律神経を調え、秋バテの予防になります❗ ◯さらには、心疾患 猛暑の後は⁉️心疾患になる確率が上がるようです‼️ 原因は、ヒートショック。 自律神経の乱れは、血圧のコントロールがでができなくなり、血圧が上がり、 心疾患が増える❗ 頭痛、腰痛、関節痛等の天気痛。 台風で低気圧に。 耳の奥の内耳が反応し、交感神経が刺激され、痛みの物質が分泌され 痛みが出る ◯自律神経を調える方法❗ では、改善方法は⁉️ まずは、適度な運動❗ 歩く歩幅を大きくする これだけでも、運動量が上がります❗ 湯船から出た後、ぬるま湯を膝からしたにかける。 少しずつ水を増やしていくと更に良いようです❗ そして、最後は、 白湯を飲む‼️ これだけで、自律神経が調えられます また…

続きを読む