黒糖や黒砂糖は太る?太らない?痩せる?ダイエット中に食べていい?

沖縄や鹿児島などでよく見かける黒糖・黒砂糖

健康に良いという事で話題にもなりましたが、イマイチ何に良いのかははっきりしません

黒糖と黒砂糖って何が違うのでしょうか


様々な疑問が浮かぶ黒糖と黒砂糖

健康に良く、ダイエットにも使えるのであれば、一石二鳥ですね

そんな黒糖・黒砂糖について見ていきます


tokunoshimaIMGL4184_TP_V.jpg


〇黒糖と黒砂糖、上白糖の違いは?

まずは、黒糖と黒砂糖の違いについてですが、

結論からいうと

同じです

イメージ的には、黒糖が固定状のもので、黒砂糖が粉末状の物というイメージですが、

消費者庁も認めているように形の違いだけで、同じものという認識です

また、上白糖とに違いは

原料と製造方法の違いとなります
黒糖や黒砂糖は、サトウキビのみから作られます

まず、サトウキビを切断し、粉々にしていきます

粉々にした後は、圧搾機にかけ、ろ過した液を濃縮して作られます


一方、上白糖は、サトウキビやてん菜から作られます

サトウキビやてん菜の抽出液を煮詰めた後、ショ糖の結晶と糖蜜を分離させ、結晶だけを

集めた原料糖を精製して作ります


なので、上白糖は、黒糖に比べ、ミネラルやビタミン、また味の違いなど差が出てきます

黒糖や黒砂糖は、精製される前なので、様々な栄養成分を含んでいるという事になります






〇黒糖や黒砂糖の糖質やカロリーはどのくらい?

黒糖と黒砂糖が同じという事で、黒糖100g当たりの栄養成分を見ていきます



・カロリー:354キロカロリー、ナトリウム:27㎎、カリウム:1100㎎、糖質90g、
・たんぱく質:1.7g、カルシウム:240㎎、鉄:4.7㎎、ビタミンB6:0.7㎎、
・マグネシウム:31g

まずは、カロリーですが、成人の1日の摂取カロリーは、2000キロカロリーとすると

1日の摂取カロリーの約17%、糖質は、1日の摂取カロリーが、女性で270g、男性330g
なので、約30%

脂質は、0g

高カロリー、高糖質、脂質0の食品となっています


上白糖は、カロリー:384キロカロリー、ナトリウム:1㎎、カリウム2㎎、糖質:90g
カルシウム:1㎎

黒糖と上白糖を比較すると、カロリーはやや黒糖が低く、糖質はほぼ同じ、違いはミネラルやビタミンの差となっています


ナトリウムやカリウムは、体内の水分保持機能の関係している成分です

カルシウムは、骨や歯、細胞の分裂や分化の助け、筋肉の収縮、神経の興奮抑制などの働きがあります

マグネシウムは、血栓を抑えたり、体内の酵素を活発化する働きがあります


黒糖が、健康やダイエットに良いと言われる所以は、

フェニルグルコシド、ラフィノース、オフタコサノールを含んでいる所にあります



・オフタコサノール:

体内に蓄えられているグリコーゲンをエネルギーに変換する働きがあります。

運動機能の向上やエネルギーを生み出すサポートを行います

また、新陳代謝を高め中性脂肪の精製を抑制ます

・フェニルグルコシド:

糖の吸収を抑えたり、不要な糖分の排出を促進する働きがあります

その為、糖の吸収を抑え、血糖値の上昇を緩やかにし、脂肪が増えるのを防ぎます

コレステロール値を正常に抑える働きも認められています


・ラフィノース:

天然のオリゴ糖で、胃や小腸で吸収されず、大腸まで届きます

届いたラフィノースは、ビフィズス菌のエサとなり、ビフィズス菌が増殖する助けとなり、

悪玉菌を駆逐していきます

また、難消化性である為、糖の吸収を抑えてくれます



黒糖は、こういった成分を含むため、健康にもダイエットにも良いと言われています



黒糖や黒砂糖は太るの?太らないの?むしろ痩せるの?ダイエット中に食べていいの?

このように、上白糖に比べると、黒糖の方が、体やダイエットに向いていると言えます

但し、だからと言って、ダイエットとの相性が良いかというと、そうでもありません

体に良いと言っても高カロリー・高糖質である為、摂りすぎると、余った分が脂肪に変わります


黒糖を有効活用するには、今まで上白糖を使用していたところを、黒糖に変えていく事で



摂取カロリーは減り、腸内環境の改善、満腹感、腹持ちの改善、血糖値の上昇を抑える、エ

ネルギー代謝の上昇、中性脂肪の生成の抑制


といった具合に、健康とダイエットにも少しは役立ちます






〇まとめ

黒糖・黒砂糖は、ダイエットとしての効果は、少ないでしょう

しかし、現在、上白糖を使用している方であれば、上白糖の代わりに黒糖を使用する事で

上白糖の時より、より健康的に、より満腹感がでて、ダイエットにも貢献してくれるでしょう

また、黒糖・黒砂糖は、ダイエットだけでなく、腸内閑居改善による美容・体内の水分保持・

糖質の調整機能など体に対してのメリットが多いのも黒糖・黒砂糖の特徴です


とはいえ、痩せる・ダイエットを成功に導くのであれば、黒糖・黒砂糖だけでは、なかなか

難しく、その他の食事でのカロリーの調整、栄養バランスが必要になります

まず、出来る事は、上白糖を黒糖に変える事からです

良く生活を変えるだけでも、初めの1歩を踏み出せます


まずはチャレンジしてみましょう






〇楽に置き換えダイエットが出来る

簡単に置き換えダイエットが出来、しかも 栄養バランスも良く美味しいものを紹介!


フルーツスムージーダイエット



〇高たんぱくで低カロリー!

自分の目的に合わせて選べ、豊富なメニューで飽きも来ない!

高たんぱく×豊富なメニュー


〇機能性表示食品がついに発売!

葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)には、
肥満気味な方の、体重やお腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)やウエスト周囲径を減らす
のを助ける機能があります


WEIGHTON -ウエイトン- 葛の花


〇大人のラクトフェリン

免疫力アップ・美容に・腸内環境を整えよう!

BELIVA



○冬の対策していますか

〇風邪引く前に持っておきましょう


〇手洗い、うがい薬は、予防の基本です。のどの痛みがある時はこちら。



〇ウイルスとラクトフェリンと乳酸菌。免疫機能アップでウイルスから守る




〇咳が止まらない、痰が切れない時


〇インフルエンザ対策に漢方薬の麻黄湯。服用の注意点。インフルエンザの特徴



○引きしまったボディ。着るだけで燃焼効果!

マッスルプレス




○人気記事

・花粉症とラクトフェリン

・頭が痛い・熱がある・体が痛い時は。

・薬の効果は何分?

・1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法 ~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付

・睡眠時無呼吸症候群の怖さ。意外と多い症状。あなたも睡眠時無呼吸症候群?







○励ましをお願いします(^_^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加



ブロトピ:ブログ更新しました♪

ブロトピ:ブログ記事更新しました!(๑˃̵ᴗ˂̵)

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:「ブログ更新しました♪」