夏に増える皮膚病。体のかゆみの原因

夏に多い皮膚病として、非感染性と感染性の皮膚病があります


・非感染性:虫さされ、かぶれ、○○炎、○○まけ、湿疹、蕁麻疹、あせもなど

・感染性:水虫、たむし、おでき、とびひ、にきび、怪我の化膿など


今回は、この中でも、非感染性についてみていきます












○虫さされ


蚊やブヨ、ハチ等が原因でかゆみや腫れ、赤みがでる


⇒ステロイド剤を使用します。



○手湿疹

水や洗剤、紙などを使用する事で、手の皮脂膜が落ち、バリア機能が弱まり、外部からの刺激に弱くなる


⇒ステロイド剤+手の保護剤を使用します



○あせも


汗の出口に汚れや皮脂が詰まる事で炎症がおこり、症状がでる

⇒ステロイドを使用します。ジュクジュクなど水分があるのであれば、酸化亜鉛の配合剤、掻きむしっているなら、抗菌剤を使用




○くらげ


夏の徴的ですね。

クラゲに刺された場合は、先ずは、触手を取り除きます


そのご、海水でよく洗うのがポイントです。水ではなく海水です


良く洗った後は、ステロイド剤を使用します




○毛虫


先ずは、ガムテープなどで優しく毛を取り除きます

水で洗い流します


ステロイド剤を使用します


氷などで冷やします





○日焼け


日焼けは、基本的に火傷と同じ対応となります


先ずは、冷やします


赤く焼けているだけなら、ステロイド剤を使用します

水ぶくれが出来、破けるようなら、抗菌剤を使用します





夏に多い、皮膚病でした。









○夏の対策していますか 

・熱中症対策

・気になる体の臭い対策

・紫外線対策。紫外線は老化させる

・虫さされ。

・ニキビ対策してますか

・水虫対策は万全か?女性にも多い水虫



○引きしまったボディ。ヒロミが、監修。
gazo.png
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓






○人気記事

・花粉症とラクトフェリン

・頭が痛い・熱がある・体が痛い時は。

・薬の効果は何分?









○励ましをお願いします(^_^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加



ブロトピ:ブログ更新しました♪

ブロトピ:ブログ記事更新しました!(๑˃̵ᴗ˂̵)

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:「ブログ更新しました♪」