熱中症の症状、なりやすい体質、予防、対応方法について


そろそろ、熱中症に対して対策が必要な季節になってきました。



各地で熱中症の報告が上がってきています。

特にこの時期は、暑さに体が慣れていない為、急に気温が上がった日には、小まめに水分を摂りましょう



特に高齢者・乳幼児は注意が必要です









○熱中症とは?



熱中症とは、体に溜まった熱を放出しきれずに、様々な体調不良が起きます。


通常であれば、汗や尿で熱が発散されますが、熱中症は、体内の冷却水が不足する事で、脱水症状を引き起こします






○熱中症の症状


・めまいやほてり

・筋肉痛や筋肉のけいれん

・体のだるさ

・異常な汗のかき方

・体温が高い

・呼びかけに反応しない

・水分補給が出来ない


こういった症状がみられると、熱中症の可能性が高くなります






○熱中症になりやすい方


・高齢者:体内の水分が少ない、発汗などの体温調節機能の衰え、エアコンを使用しない、水分を取りたがらない

・乳幼児:汗をかく機能の未発達、1度上がった体温が下がりにくい、伝えきれない


・肥満の方:体全体がぽちゃの水太り
















○熱中症の予防


・水分を小まめに摂る:特にスポーツドリンクなどの塩分・糖分を含むもの。体重の2%の水分が無くなると脱水症状をおこします。
           

・塩分を程良く取る:大量の汗は、ミネラルも失っています。塩飴など塩分も摂る様に心掛けましょう。水だけだと体内の塩分濃度は、
          薄まります。


・睡眠環境を整える:エアコンや扇風機を使用し睡眠環境を整え、睡眠時の熱中症を予防します


・丈夫な体:バランスの良い食事、体調管理で普段から、健康な体を維持します


・室内を涼しく:暑いのを我慢しない。また、エアコンで温度調節を行い、気付かない事を無くします


・衣服の工夫:帽子・日傘・冷却スカーフなど涼しいものを使用します





○熱中症の対応方法



・熱中症になってしまったら

・涼しい場所へ移動しましょう

・体を冷やしましょう。特に脇の下や首など太い血管が通っている箇所を冷やしましょう


・水分補給。スポーツ飲料、経口補水液などを補給します。水だけだと体液濃度が薄まります


・意識が朦朧としているのであれば、迷わずに救急車を呼びましょう。命にかかわる事があります












○夏の対策していますか 

・気になる体の臭い対策

・紫外線対策。紫外線は老化させる

・虫さされ。

・ニキビ対策してますか

・水虫対策は万全か?女性にも多い水虫



○引きしまったボディ。ヒロミが、監修。
gazo.png
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓






○人気記事

・花粉症とラクトフェリン

・頭が痛い・熱がある・体が痛い時は。

・薬の効果は何分?









○励ましをお願いします(^_^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加



ブロトピ:ブログ更新しました♪

ブロトピ:ブログ記事更新しました!(๑˃̵ᴗ˂̵)

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:「ブログ更新しました♪」