健康食品とは何か?特保・機能食品・特別用途食品・栄養機能食品の違い。

ここ最近、様々な効能を謳った食品が出回っています。

特保、機能食品など効能を打ち出したもの、また、昔からある健康食品など。

使う側からしてみれば、何がどう違うのかイマイチ分からないのが実情だと思います

この違いに付いて、説明していきます。




○健康食品とは何か?
先ずは、健康食品。そもそも健康食品とは何なのか?について、説明していきます

健康食品とは、健康増進やその維持の助けになる食品の総称。但し、法的に定義されたものは無く、一般に健康に良いものとして用いられるもので、栄養補助食品、サプリメント、ダイエット食品等と呼ばれる事もあります。

つまり、誰も保証してないですが、健康に良いとされているものです。

なので、販売する時は、その効能効果をうたう事は出来ません。医薬品以外のものに、医薬品と間違うような効能効果の表示は禁止されています



○健康食品が効能効果を謳うのか?
禁止されているにも関わらず、何故、効能効果を謳うのか?

それには、「食品」の機能についての理解が必要です

食品の機能
1.1次機能(栄養機能)
生きていく上で最低限必要な栄養素やカロリーを共有する

2.2次機能(感覚機)
味や香りなどの感覚に関わり、美味しいと感じさせる感覚機能

3.3次機能(生体調節機能)
生体防御、疾患の防止、疾病の回復、体調のリズム、老化防止などの体調調節機能

この3次機能に特化して作られています


○機能性が表示できる食品の種類

ここからが、世の中を複雑にしている理由です

先ずは、医薬品(医薬部外品含む)
特別用途食品、保健機能食品、健康食品、一般食品と続きます

この中で、医薬品(部外品含む)は、しっかりと国の検査・承認が必要ですので問題ありません。

次に、特定用途食品は、国が認めた特別の用途に関する旨の表示なので、対象が限られています。
ここも問題有りません。

問題はここからです。
保健機能食品と健康食品の違いが曖昧になり、世間を混乱させています。

保健機能食品は、更に3つに分類されます

1.特定保健用食品
これが、特保です。特定保健食品は、国の審査を受け、内閣総理大臣の許可を取得する事が必要になります。
許可を受けると、このマークを付ける事が出来ます。
その為には、その成分がこう言った効果があるという臨書試験のデータを大量に提出する必要があります。

この事に時間とお金を費やします。企業からしてみれば、コストと時間が掛かり過ぎます。
その割には、その他の健康食品との違いを明確に理解してもらえない悲しさが有ります。

特保.png

特定保健用食品は、許可を受けた効能効果を、表示する事が出来ます
特保の商品の活用方法はこちらを参照ください

健康診断対策


○機能性表示食品

ここ近年、様々な効果をうたった食品が出回った原因が、これです!
機能性表示食品は、届け出制であり、特保と違って臨床試験の結果を提出する必要はありません。

企業の責任で科学的根拠に基づいた機能性を表示する事が出来ます。
根拠については、消費者庁に届け出る必要がありますが、論文や特保の研究を引用しても問題はありません

なので、信用性に関しては、特保には劣ります





○栄養機能食品
1日当たりの摂取目安に含まれる栄養成分の量が基準に適合しており、栄養表示する場合は、その栄養成分の機能表示を行わなければならない。

つまり、栄養機能食品は、限られた成分のみしか表示できないという事です
限られた成分とは、主にビタミンの成分です
ビタミンA.B1.B2.B6.B12.VC.VD.VE.葉酸.亜鉛.カルシウム.鉄.銅.マグネシウム.ナイアシン.N-3系脂肪酸など


これを含む様なら、この成分の効能を表示できるという事です

○健康食品
健康食品は、あくまでも食品です。効能効果を表示する事は出来ません。
また、効果がある様に表示する事も出来ません

あくまでも食品という扱いです。国は、何の保証もしませんという表れです


結論:効き目(信頼度)の順位

医薬品(部外品含む)>特別用途食品・特定保健用食品>栄養機能食品>機能性表示食品>健康食品

こんな感じで見て頂いたら良いかと思います。

特に、健康食品は、国の承認・許可など無い為、やりたい方放題の所もあります。

注意が必要です。





励ましをお願いします(^_^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加



ブロトピ:ブログ更新しました♪

ブロトピ:ブログ記事更新しました!(๑˃̵ᴗ˂̵)

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:「ブログ更新しました♪」