病院の薬とドラッグストアの薬の違い。薬の社会問題 

病院の薬と街のドラッグストアや薬屋さんの薬の違いは有るのでしょうか?

何となく、病院の薬が効きそうな感じはします。

その違いは何かを見ていきます。








○薬の分類
くすりは、入手方法によって、医療用医薬品と一般用医薬品の2種類に分類されます

医療用医薬品:病院で出される薬で、医師の処方箋がないと貰えない薬です
       患者の現在の症状に応じて処方する。1つのくすりに1種類の有効成分が基本
       薬理は強め

一般用医薬品:薬屋やドラッグストアで購入できる薬
       市販薬・大衆薬とも呼ばれ、1つの薬に複数の有効成分が入っている事が多い
       薬理は穏やかだが、中には、強いものもある
       副作用や相互作用の関係から、更に3種類に分類される

第1類:薬剤師のみ販売できる(ロキソニン、リアップ、ガスター10など)
第2類:薬剤師または登録販売者が販売(鎮痛薬や風邪薬など)
第3類:薬剤師または登録販売者が販売(ビタミン剤や胃薬など)

薬屋さんやドラッグストアに行ってもロキソニンが買えない事や取り扱っていない事があると思いますが、薬剤師しか販売できなかった事が原因ですね。

予め、その店が薬剤師の店舗かどうか、薬剤師はいついるのかを調べておくと買えないという事が無くなりますね。




え薬の社会問題

効き目で選ぶなら、病院で出される薬が薬理が強めの物まで出せますので効きますが、全部が全部そういった薬とは、限りません。

市販されているものと同じものも処方する場合があります

私個人としては、同成分の薬に保険を適用するのは、税金の無駄使いでしかないと思っています。
「同じ成分の薬を税金を使って購入する」おかしいと思いませんか?
勿論、市販されていない成分であれば、保険適用でも問題ないと思います。それだけの症状なので。


市販薬で使用が認められている成分であれば、保険適用外にすべき、自己負担で購入するべきだと強く思います。風邪薬やシップ薬、胃薬など病院で処方されている薬は、市販されているものも多いです。


社会保険料はドンドン膨らみ、それを誰が負担しているのでしょうか?
また、市販薬でもあるような薬をドンドン処方し、使いもしない薬を家に溜め込んでいるのはどの世代でしょうか?

市販されている成分は、自己負担→病院に行くと高く付く→病院に行かずに薬屋さんで購入→社会保険の無駄使い削減→保険料の負担軽減

こうなりませんかね?

この先、団塊の世代が70代に達してくると、更に、介護や医療費は増加します。薬に対しても無駄な物は、無くしていかなければなりません。

自己負担すべき所を増やして行く事で、平等な社会を築いてほしいですね。
そうする事で、負担する世代の保険料の減額はまでは無いと思いますが、増加には歯止めをかける事は出来そうですね。






励ましをお願いします(^_^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加



ブロトピ:ブログ更新しました♪

ブロトピ:ブログ記事更新しました!(๑˃̵ᴗ˂̵)

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:「ブログ更新しました♪」