門前薬局が潰れる時代がくる。掛かり付け薬局とドラッグストア

今年も薬価改訂があり、薬価のみ引き下げ。




薬剤師会が狙い打ちされてる感が強く、医師会の力は、まだまだ健在と言う内容でした。




このままいくと、薬価は、年々引き下げられ、調剤薬局の経営は、厳しくなります❗







自己負担が、1~3割で買える調剤薬局の薬は、同じ成分で市販されている薬よりも安くなる。





また、複数の調剤薬局から薬を貰うことで、無駄な薬を貰っている。






こう言ったことを無くしていくために、掛かり付け薬局の制度が始まりました。
















複数の病院から処方箋を受け付ける薬局と病院の前にあり、決まった病院からしか処方箋が来ない薬局では、かかるコストが違う為、門前薬局の報酬を下げましょう❗








24時間、患者さんのニーズにこたえれるところは、報酬を上げましょう。そういった薬局を掛かり付け薬局として認めましょう❗









こう言ったことが、現在の流れです❗







24時間の受付は、働き方改革とは、逆流しているようですが、無駄だった所から、必要なところに資金を移し、尚且つ、社会保険料を下げたことになります。






良い流れではないでしょうか。
















今後は、薬局で出す薬も制限をかけていくべきだと思います。






湿布や鎮痛剤など市販されているものに、国が負担すべきではありません。







処方箋がないと貰えないような薬もどんどん無くしていき、市販薬に変えていくべきです。







そうすれば、社会保険料も削減され、わざわざ受診せずに、効き目の良い薬を買うことができます❗







団塊の世代が更に、高齢化していきます。今後、益々、社会保険料は、増加します。






今のうちから手を打つ必要性があります❗







薬価はについても、今後、更に、下げられるでしょう❗





そうなると門前薬局は、厳しい経営を求められます。







薬剤師が1日に受けれる処方箋の枚数は決まっています。






薬価が下がると、報酬も下がり、収益も減ってきます。






門前薬局もこれまで通りとはいかなくなるでしょう。








掛かり付け薬局に変わっていくか、薬剤師の給与を減らすか。





その場合、薬剤師を引き抜かれる覚悟が必要でしょう❗







厳しい選択を迫られています❗






また、ドラッグストアの存在も怖いですね。





本格的に調剤をやっているドラッグストアは、少ないですが、ドラッグストアが、調剤に乗り出してくるといよいよ、最後の時かなと思われます❗








処方箋薬の市販薬化、薬価引き下げ、ドラッグストアの参入。







まさにで調剤薬局の存在意義を問われる時代がすぐそこまで来ています❗




























○冬の対策していますか



〇風邪引く前に持っておきましょう



 
〇手洗い、うがい薬は、予防の基本です。のどの痛みがある時はこちら。




〇ウイルスとラクトフェリンと乳酸菌。免疫機能アップでウイルスから守る






〇咳が止まらない、痰が切れない時






〇インフルエンザ対策に漢方薬の麻黄湯。服用の注意点。インフルエンザの特徴







○引きしまったボディ。ヒロミが、監修。
gazo.png
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓











○人気記事

・花粉症とラクトフェリン

・頭が痛い・熱がある・体が痛い時は。

・薬の効果は何分?

・1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法 ~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付

・睡眠時無呼吸症候群の怖さ。意外と多い症状。あなたも睡眠時無呼吸症候群?











○励ましをお願いします(^_^)




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加



ブロトピ:ブログ更新しました♪

ブロトピ:ブログ記事更新しました!(๑˃̵ᴗ˂̵)

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:「ブログ更新しました♪」